2018/03/26

茨木 東映

茨木に昭和34年に引っ越しした。その当時、映画館は3つあった。東映と大映とそれから茨木映劇っていったような。記憶が定かではありません。
大映はなんか時代劇みたいなものが多かった記憶があって、子供の頃はもっぱら東映だった。
その頃の配給の仕組みを知らないので詳しくは分からないけれど、見たい映画はほとんど東映に来た。ゴジラをはじめとする特撮もの、加山雄三の若大将シリーズ、結婚して子供が出来てからもアニメはほぼここ。というよりその頃には大映も映劇もなくなっていたように思う。
段々と映画は大阪に見に行くようになってしまった。
調べたら、この東映も閉館されたみたいで、今では茨木で映画を見るとすれば、イオンのシネマコンプレックスで見るというのがスタイルらしい。
基本的に子供の頃は親が連れて行ってくれたけれど、いつの頃だったか、小学3年の頃に、同級生5人くらいで茨木映劇に怪獣もんの映画を見に行ったことがある。よう親が許してくれたと思うけれど、子供たちだけでかなり遠い映画館まで歩いていって、切符を買って映画を見た。
帰りは暗くなっていて、徒党を組んで帰ってきた。なんか少年探偵団みたいな気になったのを覚えている。
そうそう大映にも行った記憶がある。学校が連れて行った「路傍の石」という映画で、いかにも学校推薦というような映画だった。あの頃から少しひねくれていたのかもしれない。
グーグルマップでどのあたりだったか確かめようとしたけれど、皆目見当がつかない。昔時々本を売りに行ったことのあるオランダ屋さんの近くだったような気がするので、今の野村證券あたりなのかな??確か隣は鎧がおいてあった蕎麦屋だったような・・これも遠い記憶なので定かでない。

0 件のコメント:

コメントを投稿